登場人物


場面

  • Page 7〜9 松井家
    • 電話でもえの誕生日会の打ち合わせをしている辰吉、大掃除に飽きた辰吉の母、アルバムを見ている辰吉の父、辰五郎が見ている父と母が16歳のときの写真、写真の母はタバコを吸っている不良少女、写真の父が着ているシャツは後で出てくる伏線、母が電話しているのは後で出てくる伏線
  • Page 9〜11 花の湯
    • 花の湯であわただしく働くもえの描写、風呂場で転んでなく子供、産気づいて病院に運ばれる妊婦
  • Page 11〜14 Poyon
    • 辰吉がPoyonでもえの誕生日祝いをどうしようかと悩んでいると、ヤクザ風の男と話をしている母親を発見(冒頭で電話していた相手)、「シャツを洗わないでとっている」、「20年前のことを思い出す」
  • Page 14〜17 松井家
    • 母親に頼みごとをする辰吉、何を頼んだかは後で明らかになる。「私の初恋も16だったわ」・・・母の初恋の人が昼間Poyonで見たヤクザ風の男だと思った辰吉
  • Page 17〜19 花室家
    • もえの誕生日のためにまぜごはんを作ってくれている鈴ばあ
  • Page 19〜20 花室家
    • もえに誕生日プレゼントはデニーズランドだと伝える。辰吉が母への頼みごとは辰吉がもえをデニーズランドに連れていくので辰吉の代わりに花の湯の手伝いをして欲しいとのことだった。
  • Page 20〜21 デニーズランド
    • もえが子供の子供に手紙を出そうと思うという話、過去のことも現在のことも現在進行形なんじゃないか・・・最後の伏線
  • Page 22〜24 松井家
    • 部屋につるしてある血だらけのシャツを発見、そのシャツは16歳の父の写真で父が着ていたものだった。母親が16歳のとき血だらけのカッコを見て恋心を抱いた相手はヤクザ風の男ではなく、父だったのだ。「過去のことも現在のことも現在進行形なんじゃないか」と言ったデニーズランドでのもえの言葉を実感する辰吉。
 

アイテム

  • シャツ
  • 金ツマ
    • 金曜日の妻たちへ
  • Poyonに入って来た博多弁の客の集団
    • シーナ&ザ・ロケッツをモデルにしていると思われる
  • デニーズランド
    • ディズニーランドとデニーズをもじって名前をつけている。東京ディズニーランドは1983年4月にオープンしたばかりで、ディズニーランドに行くことは今よりも大きなイベントだった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます